Human-Centric AI

Interactive AI for Causal Knowledge Elicitation(因果モデル構築AI)

aa







Scenario Creation AI for Disaster Exercise(訓練用災害シナリオ作成支援AI)







Interviewer Agent for Cognitive Task Analysis(認知タスク分析用インタビューAI)

A chat-based interviewer agent to elicit know-how of subject matter experts(SMEs) was developed. This agent automatically generates questions and responses to the answers from the human interviewee. This automatic response is based on the shallow intelligence or artificial non-intelligence incorporating an interview method of cognitive task analysis as well as pattern matching to the dialogue characteristics specific to interview dialogues. A four-layered framework was proposed for the evaluation of the interviewer agent. The agent was tested with 6 SMEs and evaluated by the proposed framework. The result showed that the agent effectively elicited experts' knowledge while it still has a limitation in generating natural human like responses.

インタビューは他人から情報を引き出すために良く用いられる方法であるが,これを実際に準備,実施するには非常に労力がかかるだけでなく,スキルも必要とされる.エキスパートの状況認識や意思決定などの認知的側面を分析することはCognitive Task Analysis (CTA:認知タスク分析)と呼ばれ,インタビューが頻繁に用いられる.本研究では,このCTAを自動で行うエージェントの開発を行っている.対話エージェントの技術に1)インタビュー技法(Critical Decision Method),会話研究における発話機能や出現パターンに関する知見,3)熟練インタビュアのノウハウ,を実装し,「災害時の看護活動における情報処理行動」に関するインタビュー等の様々な課題に適用して人間に劣らない情報獲得効率を確認している.本研究では単にインタビュアの代行ツールの開発を目的としているだけではなく,対話分析ツールとして用いることも目的としている.エージェントの応答に対する人が感じる違和感に注目,分析することによって,人がなぜエージェントの対話に違和感を抱くのか,自然な対話とは何か,といった対話の暗黙コードに関する研究も行っている.

  • 菅野太郎, 依田祐樹,古田一雄,2019, 認知タスク分析のためのインタビュアエージェント, ヒューマンインタフェース学会論文誌,21(4):433-446, https://doi.org/10.11184/his.21.4_433